フィットネス情報館

コーヒーの効果はダイエットや認知機能改善に

 

普段何気なく飲んでいるコーヒー。ダイエットや認知機能改善に役立つ飲料だったりします。

 

カフェインの効果。
コーヒーと言えばカフェインの効果。カフェインは有酸素運動前に飲むと脂肪燃焼回路を促進するので非常に有効です。というのは結構知られている知識。また、覚醒作用や利尿作用もあります。

 

 

カフェインの様々な効果

脂肪燃焼や覚醒作用意外にはどんな効果があるのでしょうか?羅列してみます。

 

・「ガン」「胆石症」「U型糖尿病」「痛風」「精神疾患」などに対して有効という研究結果があります。
・1日3杯飲む「と直腸がん」へのリスクが減少するという報告があります。
・「痛風」で言えば、アメリカの研究で血清尿酸値が低下、カナダの研究では痛風進行のリスクが低下したとの報告があります。
・80才以上の女性で、コーヒー摂取量が多いほど認知機能テストにおいて成績が良好傾向になるとの効果があるとの報告があります。

 

カフェイン摂取時の注意点

カフェイン摂取時は以下の注意点があります。

 

・利尿作用があるので、体外へ水分を排出します。コーヒーを飲んだらなるべく同じ量の水を飲むべきです。
・小児の場合、成人に比べて有害作用として働き、重篤な状況を起こすリスクの可能性が高いとされています。
・妊婦の方の場合、少量なら問題ないですが、多量摂取は危険性ありとされています。

 

コーヒーは使い方次第で薬にも毒にもなります。適切な判断で有効活用しましょう。
フィットネス的に見た時、おススメの飲み方は有酸素運動前の摂取です。細かいこと言えば運動の45分前が丁度良いとされています。

 

 

 

 

page top