フィットネス情報館

ボディパンプのスクワットのスタンス

 

脚は体で一番の筋肉量=脂肪燃焼の工場

ボディパンプ・トラック2の「スクワット」。脚は体の中で筋肉量が一番多い箇所。
ということは身体の基礎代謝量である「カロリー消費量」も左右すると言っても過言ではありません。
正しいフォームでキレイな脚、逞しい脚、そして代謝の良い身体づくりを行いましょう。

 

スクワット基本フォーム
使用トラック フォーム

トラック2
スクワット

 

ボディパンプ,スクワット,テクニック,やり方

ターゲットマッスル 大腿四頭筋 / 大殿筋 / 内転筋

 

ボディパンプ・スクワットのスタンス

ボディパンプのスクワット。スタンスは3つ。

 

@ミッドスタンス=セットポジションから「半歩程度横に開いた状態」
Aワイドスタンス=ミッドスタンスから「一歩程度横に開いた状態」
Bワイダースタンス=ワイドスタンスから「一歩程度横に開いた状態」

 

セットポジションは、「腰幅」もしくは「お尻の下にカカトがくる程度の幅」になります。この幅がスクワットのスタンスの基本になります。
ここが曖昧にならないようにトラック1のウォーミングアップでチェックしましょう。

 

 

スタンスで筋肉へ効く箇所が変わる

3つのスタンスのボディパンプ・スクワット。スタンスが広くなると脚の筋肉へ掛かる負荷の場所が変化していきます。

 

@ミッドスタンス=モモ前(大腿四頭筋)
Aワイドスタンス=臀部(大殿筋)
Bワイダースタンス=内もも(内転筋)

 

一歩開くごとにモモ前以外への関与が増します。特にワイドスタンスとワイダースタンスで関与が増す「臀部」「内転筋」への刺激は非常に大事です。

 

この二つの筋肉は日常生活で使う頻度が少ない箇所になり、現代人は弱化してきていると言われています。そのあたりに注目したレスミルズは、昨今3つ目にスタンスとして「ワイダースタンス」が追加されました。

 

 

肘は真下に向ける

曲の中盤から後半にかけて疲労が蓄積しますと、上半身が倒れそうになって「おじぎ」をするようなエラーフォームになります。
それを防ぐには

 

・両肘を真下に向ける
・腹圧を高める

 

この2点が大事。特に前者の肘。真下に向けることにより上半身が倒れないようにするロックの役目があります。気づけば斜めになって「おじぎ」になるかもな部分。是非、肘を真下に向けましょう。

 

また身体を倒さないようにするあまり、腰が反ってしまう「出っ尻」になるリスクが。お腹への力を増して反らないようにしましょう。

page top