フィットネス情報館

脂肪燃焼系サプリメント

有酸素運動前に「脂肪燃焼系サプリメント」の活用で効率よくエネルギー消費を!

≫商品の詳細はコチラをクリックLカルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓で少量が生成される特殊な物質です。その大半は羊肉や牛肉などの肉類からのセッションになります。カルニチンの「カルニ」はラテン語で「肉」を意味します。体内のLカルニチンのうち、約1割は「アセチル Lカルニチン」という状態で存在します。Lカルニチンが脂肪燃焼や筋疲労回復などの効果を持つます。有酸素運動前の摂取がおススメなのは、より脂肪燃焼...

≫商品の詳細はコチラをクリック脂質のエネルギー代謝に欠かせないカルニチン は、昆虫の成長因子としてみつかったアミノ酸。ほとんど全ての生物の各組織に存在し、ほとんどの食物の中に含まれています。必須アミノ酸の「リジン」と「メチオニン」から、肝臓で合成されるアミノ酸で、脂質のエネルギー代謝に不可欠。脂肪には、蓄積される「白色脂肪細胞」の余分なエネルギーを熱に変えて放出する「褐色脂肪細胞」があります。褐色...

≫商品の詳細はコチラをクリック善玉の脂肪と呼ばれる「不飽和脂肪酸」共役リノール酸(CLA)は、不飽和脂肪酸の一種です。(→不飽和脂肪酸とは?)共役リノール酸は、ひまわりの種子に天然のものが含まれていることが発見されています。牛や羊は「反芻胃」と呼ばれる胃を持ち(反芻胃とは?)、この中に棲む微生物が食べ物を消化し、成分を組み替えています。このような反芻動物がリノール酸をたくさん含んでいる飼料を食べる...

page top