フィットネス情報館

カルニチン


商品の詳細はコチラをクリック

 

脂質のエネルギー代謝に欠かせない

カルニチン は、昆虫の成長因子としてみつかったアミノ酸。ほとんど全ての生物の各組織に存在し、ほとんどの食物の中に含まれています。
必須アミノ酸の「リジン」と「メチオニン」から、肝臓で合成されるアミノ酸で、脂質のエネルギー代謝に不可欠。

 

脂肪には、蓄積される「白色脂肪細胞」の余分なエネルギーを熱に変えて放出する「褐色脂肪細胞」があります。
褐色脂肪細胞は、成長期に入る頃から次第に減少します。誕生時には約100gあったのが、成人期には約40g程度にまで減少すると言われています。

 

カルニチンには、肩甲骨や首、脇の下などにある褐色脂肪細胞を活性化させ、リパーゼという脂肪分解酵素を分泌させる役目があります。リパーゼは、脂肪を分解しエネルギーになりやすい遊離脂肪酸を作る働きがあります。サプリメントとして使われているのは、そういった効果がある認められているからです。

 

 

余分なエネルギーを熱に変えて放出

カルニチンには遊離脂肪酸を効率よく筋肉細胞内の「ミトコンドリア」に運ぶ働きをします。

 

そのミトコンドリア。
二重構造の膜で覆われています。遊離脂肪酸はこの膜を通って内部に入る込む時に必要になるのがカルニチンになります。

 

カルニチン は循環器への効果が期待され、

 

「慢性安定狭心症」の患者の方の運動耐久性向上

「うっ血性心不全」の患者の方の症状改善

「心筋梗塞」発作後の合併症や死亡率低減に有効性があること

 

が、それぞれ示されています。
ここでポイントになるのは、効果があるのは「Lカルニチン 」であり、「Dカルニチン 」はLカルニチン の作用を阻害するため、Lカルニチン の欠乏状態を引き起こすリスクがあることは抑えておくべきです。

 

 

共役リノール酸と摂取がおススメ

カルニチンは加齢とともに体内生成量が少なくなってしまうので、外からの摂取が必要になります。

 

段々太りやすくなる
持久力が落ちる
疲れがとれずらい

 

などの症状は、カルニチンが不足してきたことが一因と考えられます。

 

カルニチンには肉類のタンパク質に多く含まれ、その中でも「ラム肉」「マトン」の含有量は高いです。脂肪を効率よくエネルギーに変える働きを持つ共役リノール酸と一緒に摂ることにより、脂肪燃焼の促進が可能になります。

 

 

Amazonでチェック

 

 

楽天でチェック

カルニチン サプリメント ダイエット 約3ヶ月分 送料無料 L-カルニチン BCAA アミノ酸 や α-リポ酸 や コエンザイムQ10 と併用◎ l-カルニチンフマル酸塩 【M】 _JD_JH_ZRB

2200円

カルニチン サプリメント ダイエット 約3ヶ月分 送料無料 L-カルニチン BCAA アミノ酸 や α-リポ酸 や コエンザイムQ10 と併用◎ l-カルニチンフマル酸塩 【M】 _JD_JH_ZRB

2200円

DHC カルニチン 60日(300粒)【ichino11】【DHC サプリメント】【送料無料】

2124円

L-カルニチン BCAA 約3ヵ月分 【seedcoms_D】3D

2173円

★最安値挑戦  L-カルニチン 500mg 180粒 NOW Foods(ナウフーズ)

4019円

★びっくり価格挑戦中L-カルニチン 500mg 180粒 NOW Foods(ナウフーズ)

4019円

 

page top