フィットネス情報館

共役リノール酸(CLA)


商品の詳細はコチラをクリック

 

 

善玉の脂肪と呼ばれる「不飽和脂肪酸」

共役リノール酸(CLA)は、不飽和脂肪酸の一種です。(→不飽和脂肪酸とは?
共役リノール酸は、ひまわりの種子に天然のものが含まれていることが発見されています。

 

牛や羊は「反芻胃」と呼ばれる胃を持ち(反芻胃とは?)、この中に棲む微生物が食べ物を消化し、成分を組み替えています。

 

このような反芻動物がリノール酸をたくさん含んでいる飼料を食べると、消化管内の微生物がリノール酸を共役リノール酸に変化させます。反芻動物の胃内に存在する微生物により生成されることから、一般の食品では「ウシ」「ヤギ」などの食肉、乳、乳製品、たまごなどに含まれ、それらからの摂取が可能です。

 

健康食品としては主に「べに花油」「大豆油」などのリノール酸を多く含む植物油を異性化して工業的に合成されているわけです。

 

 

体脂肪抑制に花粉症対策にも

共役リノール酸は、体脂肪増加抑制に効果があると言われています。脂肪は消化管内で消化・吸収され、リポタンパク質リパーゼという酵素によって分解され、脂肪細胞内に蓄えられます。
(リポタンパク質リパーゼとは?)

 

蓄えられた脂肪は、ホルモン感受性リパーゼによって分解され、エネルギーとなって使用されますが、このホルモン感受性リパーゼがきちんと働かないと脂肪は蓄積してしまいます。(ホルモン感受性リパーゼとは?)

 

共役リノール酸には、このホルモン感受性リパーゼの働きを活性化させる作用があるのです。だから体脂肪増加抑制に効果があるのですね。

 

また、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きにより、血流が改善されるので「冷え性」の改善にも効果があり、抗酸化作用を持つので、血管壁に酸化LDLが沈着するのを防ぎます。(酸化LDLとは?)

 

さらに花粉症などのアレルギー反応を抑制も。アレルギー反応の引き金となる物質の生成を抑える作用もあります。

 

 

カルニチンとの併用がおススメ

食事で摂れる量は微量なのが共役リノール酸。摂るタイミングとしては、運動前にサプリメントととしての摂取が一般的です。体脂肪を効率よくエネルギーに変える働きをするので、カルニチンと併用すると脂肪燃焼回路を促進させます。

 

 

Amazonでチェック

 

 

楽天でチェック

ゴールドジム CLA 共役リノール酸 (360カプセル/大サイズ)【送料無料/当店在庫品】 ★ポイント10倍★ [GOLD'S GYM_S] ◆筋労感謝の日キャンペーン2018◆

7560円

★びっくり価格挑戦中2個セット CLA(共役リノール酸) 800mg 180粒 NOW Foods(ナウフーズ)

5322円

【送料無料】 DHC 共役(きょうやく)リノール酸 30日分 (90粒) ディーエイチシー

1728円

★送料無料 ★びっくり価格挑戦中 CLA (共役リノール酸) 270粒 Muscle Pharm

3037円

CLA サプリ 共役リノール酸 サプリメント ゴールドジム CLA GOLD'S GYM 360カプセル

7000円

トナリンCLA(共役リノール酸) 90粒[サプリメント/美容サプリ/ダイエットサプリ/サプリ/トナリン/栄養補助/栄養補助食品/アメリカ/ソフトジェル/サプリンクス]

2290円

page top